外壁塗装に限らず、最近は相見積もりをするというのは当たり前になってきました。

 

相見積もりをすることで業者間の競争が発生して、必要以上の利益を払わずに済むなどユーザーにとって有利になるので、利用するケースが増えてきたのでしょう。

 

しかし外壁塗装の場合には一括見積もりを利用するときに注意しなければいけないポイントがあります。

外壁塗装一括見積もりをする場合の注意点

外壁塗装の一括見積もりでは、例えば自動車保険の一括見積もりと異なり、費用が安ければ良いというものではありません。

 

自動車保険であれば、保険内容が同じなら費用が少ないほうが良く、それ以上のことは特に考える必要はありません。

 

しかしながら外壁塗装の場合には、費用を少なくした分だけ工事の質に影響が及び、その工事の質はあなたの住む家の質を下げてしまいます。

 

つまりは費用を低くするために相見積もりをするのではなく、適切な工事をする業者選びのために、一括見積もりを利用するという姿勢が大切になってきます。

 

とはいえ、中間マージンなどをとる業者を避けることができる点を考えると、一概に費用のカットも狙えないわけではありませんから、やはり費用の面でも相見積もりは重要です。

中間マージンを取る業者とは

建設業界に限らず、輸送業界でも芸能業界であっても、下請けに仕事を回してマージンを取るという構造はどこにでもあります。

 

当然外壁塗装にもあり、例えばハウスメーカーや大手リフォームメーカーに外壁塗装を依頼すると、そのメーカーの職人がくることはほとんどなく、多くの場合は下請け業者に仕事が振られるだけです。

 

それならば最初から下請け業者に頼めばいいのでは?というのは当然のように考え付きますが、ある意味ではそのための外壁塗装一括見積もりサイトというわけです。

 

もちろん外壁塗装一括見積もりサイトでも中間マージンをとるわけですが、その中間マージンの設定はハウスメーカーや大手リフォームメーカーよりは少ないものと考えられていて、そうでない限りはわざわざ中小の工務店や塗装業者が一括見積もりサイトに登録をしません。

 

なお、外壁塗装一括見積もりサイトの利用料はあなたが払うわけではなく業者が負担するわけですが、その方法は3つあるといわれています。

 

  • 顧客を紹介されると5000円ほどの紹介料をとられる場合
  • 外壁塗装工事の請負金額の10%前後を紹介料として取られる場合
  • 月額の利用料として数万円を加盟料として取られる場合

 

いずれも運営業者によって違いますが、ここでは分かりやすい例として2番目の請負金額の10%前後を紹介料として取られるケースを考えてみます。

 

ここで普通に考えてしまうことですが、あなたとしては業者に直接依頼すれば工事費用が10%いかないまでも安くなるわけで(少なくなる分は当然業者としても利益をとる)、できるならば一括見積もりサイトを使わないほうが有利に見えます。

 

ただし、実際はそれほど簡単な構図ではないのです。

 

こちらではまず業者が払う広告費と一括見積もりサイトの利用料についてみていきます。

業者の広告費と一括サイトの利用料

営業活動をする以上は広告を打たなければいけませんが、中小の工務店や塗装業者は営業に手を回すよりも作業を行いたい場合が多いですし、営業を得意としていない場合が少なくありません。

 

そうなると営業を代行してくれる会社から仕事をもらうという構図が、ある意味では合理的と考えることができ、ここに下請けのシステムが合致するわけです。

 

ただし、現在はインターネットを使う時代ですから、中小の工務店や塗装業者は自社での集客もできるように、努力している業者も少なくありません。

 

しかしながら、やはり継続的に顧客を取ることが難しいからこそ、元請けや営業会社があるわけで、中間マージンは広告費の一種と考えることもできますね。

 

途中で説明したように、元請け業者や営業会社に払う金額は、一括見積もりサイトの利用料よりは多いはずで、おそらくは請負金額の20%から30%であると予想しています。

 

ここで一括見積もりサイトの利用料も当然広告費と考えるならば、中間マージンは安くなるために、相見積もりをすることによって業者としても、中間マージンをカットできて、あなたとしても普通に頼むよりは安く済むということになります。

自分で業者を探す利便性と危険性

ただし、やはり直接業者に依頼したほうが費用の面では得であり、工事費用を最も節約できてあなたも業者も一番最適であると考えられます。

 

しかしながら、自分で業者を探す場合にはその労力も大きく、また当然ながら一括見積もりサイトを通しているわけではないので、悪徳業者に当たったとしても自分で解決しなければいけません。

 

もちろん、一括見積もりサイトから紹介される業者にも悪徳業者がいる可能性がありますが、自分で探すよりは遭遇する可能性は低くなるでしょう。

 

つまり、自分で業者を探す場合には費用の面で最適になる反面、悪徳業者に当たった場合には高い費用を払うことになるか、欠陥塗装工事となる可能性は大きくなるということです。

 

このように自分で探す場合には良い面も悪い面も大きく振れるわけですが、これをある程度のところで合わせてくれるサービスが外壁塗装の一括見積もりサイトであるといえるでしょう。

 

また少なくともハウスメーカーや大手リフォームメーカーに直接依頼するよりは、相見積もりをすることで費用を安く済ませることができるわけですから、全体として考えると少なくともゼロかプラスになると考えられます。

一括見積もりを使うメリット

外壁塗装の一括見積もりを使うメリットは次の3つです。

 

  • 時間を節約できる
  • 悪徳業者を自分で探すよりは避けることができる
  • 相見積もりで高すぎる費用を払わずに済む

 

良い業者かどうかを見極めるには、ある程度の知識を付けてから自分で判断しなければいけないので、インターネットで調べるにも半日はかかるでしょうし、本格的に書籍や地域への聞き込み調査をするとなれば1週間ほどかかることもあります。

 

こういったことを相談役として一括見積もりサイトの担当者に聞くことができれば、数分で済ませることが可能です。

 

悪徳業者を自分で探すよりも避けられるのは、前の段落で話した通りです。

 

外壁塗装の一括見積もりサイトへ登録は業者によって違いますが、どうしても悪徳業者が入らないとは言えません。

 

もちろん工事事故などがあってそれを理由に一括見積もりサイトから排除したとしても、この業界は500万円未満の工事では免許が必要ありませんので、また名前を変えて入ってくることもできなくはありませんからね。

 

そういったこともあって悪徳業者が混じる可能性を0にすることはできませんが、これは他の条件でも同じですから特別に一括見積もりサイトの責任にもできないわけです。

 

また出来る限り安くするために相見積もりをとることは望ましくありませんが、高い金額の工事費用を減らすことは可能になります。

 

多くの場合には中間マージンや不当と思われる利益額に該当しますので、こういった費用はできる限り低くしたほうが望ましいと言えますね。

一括見積もりを使うデメリット

外壁塗装の一括見積もりサイトを使うデメリットは次の3つです。

 

  • 工事費用が若干高くなる可能性がある
  • 悪徳業者に当たる可能性が0にはならない
  • 電話連絡が多い可能性がある

 

あなたは外壁塗装の一括見積もりサイトを利用するときの費用を払う必要はありませんが、その分は業者が支払うことになります。

 

このことは結局工事費用を通してあなたが負担することになりますから、直接業者に依頼するよりも若干割高の工事費用になります。

 

また、前の段落でもいったように悪徳業者に当たる可能性をゼロにすることはできません。

 

最後に一括見積もりサイトなので、電話連絡が多くなる可能性があります。

 

ただし、この電話については一括見積もりサービス会社によって性格が異なり、間に相談役を入れるタイプのところならば、いきなりたくさんの電話がかかってくるということはありません。

外壁塗装一括見積もりは選択肢の一つ

このように外壁塗装の一括見積もりサイトのメリットとデメリットは表裏一体であり、特に費用の面では最安値ではないけれども最高値もない、というところで納得できるかによって利用するかどうかは変わってきます。

 

自分で時間をかけて探偵のように業者をリストアップして聞き込み調査をするのが好きな方なら費用も安くなりますし、一括見積もりサイトを使う必要はありません。(もちろん業者の選択によっては質の悪い工事を受けて騙されることはある)

 

逆にハウスメーカーや大手リフォームメーカーに依頼するのは高いけれども、それなりの費用で相談役を得られると考えるならば、一括見積もりサイトを使ってみるのも悪くありません。

 

というのも、必ずしも外壁塗装の受注を受けなければいけないというわけではないからです。

 

良く行われるのは近所で評判がある業者に対して見積もりを取ったうえで、その見積もりが適正なのかを調べるということで、見積もりを依頼するというケースがあり、意外に一括見積もりサイトのほうが安かったということも少なくありません。

 

このことは近所で紹介される業者の想定利益が意外に高いということもあり、これ自体は悪いことではありませんが、やはり相見積もりをとってみてわかることは少なくないのです。

 

なお、車の買取サービスのように一括見積もりサイトを使って業者と直接連絡を取るようなサービスはちょっと時代遅れで、今は見積もりを依頼したからといって電話が鳴り続けて困るというサービスは少なくなってきました。

 

外壁塗装の一括見積もりサイトにおいても、間に相談役が入るサービスがありますので、「旧時代の電話が鳴り続けて困るような一括見積もりサービス」と間違えることなく使うことをおすすめします。

 

外壁塗装を依頼するときに一括見積もりサイトを使うかどうかは一つの選択肢ですから、必ず使ったほうが良いというものではありませんが、無料で使える相談役として使える方法の一つとして知っておくとよいでしょう。

 

⇒相談役が付く見積もりサービスはこちら【無料】

 

以上、「外壁塗装の一括見積もりサイトの利点・欠点を比較」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。